ゴルフ場利用税とは?概要と仕組み

ゴルフ場でプレーする際は1日、1人当たり定額で「ゴルフ場利用税」を納めなければなりません。これは昭和25年に施工された地方税の1種で、ゴルフ場が所在する都道府県がゴルフ場を利用するゴルファーに課している税金です。ただし、ゴルフ練習場では課税対象外です。

税額はゴルフ場の規模や整備状況によって等級(1等級?8等級)がありますが上限は1200円と決められています。この決定は各都道府県が決定します。

県に納められたゴルフ利用税の7割をゴルフ場所在地の市町村に交付されます。このゴルフ場利用税の税収は約500億円とも言われています。

1級:1200円
2級:1130円
3級:950円
4級:800円
5級:650円
6級:550円
7級:470円
8級:400円
(例:和歌山県の等級と税額)

[ゴルフ場利用税が非課税となる場合]
・年齢18才未満の人又は70才以上の人、及び身体障害者
・国民体育大会及び同大会の予選会
・高等学校、大学等の教育活動(学校の授業及び公認の課外活動)

非課税の適応をうけるには申し出の手続きが必要になります。
・年齢による申し出は運転免許証、身分証明書等で年齢を証明できるもの。
・身体障害者の人の申し出には、障害者手帳
・国民体育大会に参加する選手等の申し出は、都道府県知事が発行する証明書
・高等学校、大学等の教育活動による申し出は、学校長又は校長の発行する証明書

ゴルフ場利用税という名目は平成元年に施工された消費税の導入までは「娯楽施設利用税」という地方税で現在のようにゴルフに対して「スポーツ」という認識ではなく「贅沢な娯楽」としての位置づけでした。

スポーツという認識となった現在でもなお、課税対象から外れることなく「ゴルフ場利用税」として残っています。スポーツでゴルフだけ課税、しかも消費税との二重課税は本当に不公平で、本当に民主主義なのか?と言いたくなります(笑)

世界でも例を見ないゴルフ場利用税。オリンピック競技にもなった今、早く廃止されることを個人的には願います。

ちなみに「ゴルフ振興協力金」などというものも明細書に書かれ数十円が引かれていますが、これにもし「協力しないから払いたくない」と言えばどうなるのでしょうね?

数十円のことでなかなか意見を言う人はいないと思いますが、これはあくまで「任意」なので支払う義務はありません。ゴルフ場によっては「ゴルフ振興協力金」を取っていないところもあります。

ラウンド予定日の天候をチェック!

ゴルフの読みもの

ゴルフ初心者が基本を身に着けるためにおすすめの練習法は?

ゴルフ初心者ならまずは知っておきたい基本ルール

ゴルフ2019年新ルールまとめ

ゴルフクラブの選び方|初心者はセットで買うべき?

ゴルフクラブの種類と用途

主要ゴルフメーカーとそれぞれの特徴について

中古ゴルフクラブをできるだけ高く買い取ってもらうコツ

シャフトの基本と選び方

初心者のゴルフクラブの選び方|初心者はなにを基準にクラブを選ぶべき?

ゴルフ練習場のマナー|練習場へ行く時の服装や守るべきルール

ゴルフスイングの基本|クラブごとのスイングの違いを知ろう!

ゴルフスイングにおける正しいトップの形

バックスイングの上げ方に迷ったときの改善ポイント

ダウンスイングのコツと練習方法

インパクトの瞬間のイメージ|正しい型を覚えて練習あるのみ!

ゴルフするなら避けて通れない!バンカーショットのコツ

ゴルフ上達の秘訣!?ゴルフレッスンで重要なのは誰に教わるか?

ゴルフ上級者への登竜門!?3種類のアプローチ上達のコツや練習方法

ドライバーの打ち方の基本|飛距離を伸ばすスイングとは?

ドライバーでスライスする原因と防止策

アイアンの打ち方のコツ|より飛距離を出すためのスイングとは?

コツはグリップにあり?正しいパターの打ち方

知名度は低いけど重要!?チッパーについて解説

ゴルフボールの選び方|おすすめのゴルフボール選びのポイントはこれ!

ゴルフ初心者が覚えておきたいスコアの数え方

知らないと恥ずかしい?ゴルフ場のマナー|服装は?靴はスニーカーでもOK?

ゴルフ場利用税とは?概要と仕組み

自宅でできるゴルフ練習法!どんな方法がおすすめ?

ゴルフ上達のために絶対にするべき練習とは?抑えるべきポイント4選

ゴルフ会員権ってなに?仕組みや相場などざっくりと解説します

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

ページトップへ