ゴルフスイングにおける正しいトップの形

ゴルフスイングにおいてトップの形は軌道に関わるとても重要な部分ですが、そうはいってもトップの位置はなかなか安定しないものですよね。

ただ、このトップ位置の安定がゴルフの上達におけるひとつのコツであるといえます。そこでこのページではゴルフスイングにおける正しいトップの形について解説していきます。

アップライトに上げていく場合

テークバックをする時に「右手の親指を耳たぶにつけるようなイメージ」が大切です。

フラットに上げていくよりもトップが少し高めになりインパクトゾーンが広がって飛距離が伸びますが、フェースが開きやすくスライスになることも多いのがデメリット。左手の甲の角度に気をつけるようにしましょう。

左手(利き手が右手のとき)はハンドルだと考えます。手の甲の向いている方向にボールが飛んで行くイメージを常に考えておきましょう。

・手の甲が甲側に折れる
フェースが、開きスライスになる

・手の甲が掌側に折れる
フェースが閉じてフックになる

手の甲と腕は一直線になるのが理想的な形です。練習をする際には左手だけのスイング練習をオススメします。

かの有名な「ベン・ホーガン」の理論であるアップライトの形は多くのプレイヤーが参考にしていますね。

フラットに上げていく場合

右脇を締めて体の回転を使ってボールを打つとコンパクトになることでトップの位置が低くなります。そのためインパクトゾーンが狭くなり飛距離は出ませんが、体幹がブレにくいメリットがあるので安定したスイングが身につきます。ボールを払うように打つイメージです。

このように「アップライト」や「フラット」というトップの形がありますが、それぞれ自分の体格やパワーの大小などを考慮しながら自分のしやすい方法でトップの形をとるのがベストです。

注意点

初心者に多いのがオーバースイングでクラブを思いっきり振り上げてしまうことです。これはパワーのある打ち方をして飛距離を伸ばそうという気持ちの表れかもしれません。

初心者でもアップライトで基本に忠実になればミート率が上がるでしょう。フラットの方がスイングが安定するので初心者向けかもしれませんが、途中でまたアップライトにするのであれば初心者でもアップライトに早く慣れて安定したスイングを手に入れる方がいいかもしれませんね。

とにかくアップライトであれフラットであれ、スイングを安定させることが最も重要です。その為にもまずは基本をおさえたうえで正しい練習を繰り返すことが大切ですね。

ラウンド予定日の天候をチェック!

ゴルフの読みもの

ゴルフ初心者が基本を身に着けるためにおすすめの練習法は?

ゴルフ初心者ならまずは知っておきたい基本ルール

ゴルフ2019年新ルールまとめ

ゴルフクラブの選び方|初心者はセットで買うべき?

ゴルフクラブの種類と用途

主要ゴルフメーカーとそれぞれの特徴について

中古ゴルフクラブをできるだけ高く買い取ってもらうコツ

シャフトの基本と選び方

初心者のゴルフクラブの選び方|初心者はなにを基準にクラブを選ぶべき?

ゴルフ練習場のマナー|練習場へ行く時の服装や守るべきルール

ゴルフスイングの基本|クラブごとのスイングの違いを知ろう!

ゴルフスイングにおける正しいトップの形

バックスイングの上げ方に迷ったときの改善ポイント

ダウンスイングのコツと練習方法

インパクトの瞬間のイメージ|正しい型を覚えて練習あるのみ!

ゴルフするなら避けて通れない!バンカーショットのコツ

ゴルフ上達の秘訣!?ゴルフレッスンで重要なのは誰に教わるか?

ゴルフ上級者への登竜門!?3種類のアプローチ上達のコツや練習方法

ドライバーの打ち方の基本|飛距離を伸ばすスイングとは?

ドライバーでスライスする原因と防止策

アイアンの打ち方のコツ|より飛距離を出すためのスイングとは?

コツはグリップにあり?正しいパターの打ち方

知名度は低いけど重要!?チッパーについて解説

ゴルフボールの選び方|おすすめのゴルフボール選びのポイントはこれ!

ゴルフ初心者が覚えておきたいスコアの数え方

知らないと恥ずかしい?ゴルフ場のマナー|服装は?靴はスニーカーでもOK?

ゴルフ場利用税とは?概要と仕組み

自宅でできるゴルフ練習法!どんな方法がおすすめ?

ゴルフ上達のために絶対にするべき練習とは?抑えるべきポイント4選

ゴルフ会員権ってなに?仕組みや相場などざっくりと解説します

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

ページトップへ