シャフトの基本と選び方

ゴルフクラブのシャフトはボールを効果的に打つために遠心力を発生させ、正しく握ることでプレーヤーは少ない力でさらにボールを正確に打つことができます。自分に合うシャフト選びが重要です。

シャフト選びの重要ポイント

①重量:シャフト単体の重量

ドライバー・・・30g台~80g台
アイアン・・・70g台~130g台

選び方のポイント

パワーがあれば重いもの、パワーがなければ軽いもの

これらを基準に自分に合うものを選びます。

②フレックス:硬さの基準

硬い順から

X:(エキストラ)
S:(スティップ)
R:(レギュラー)
A:(アベレージ)
L:(レディース)

メーカーが決めたSとXの間のSXやRとSの間のSRなどがあります。

フレックスとは片側を固定しておいた状態でシャフトを弾き、一定時間の振動数(固有振動数)を表したもので、メーカーの主観で決められるものなので一般的なパワーならR、少しパワーがあるならSという風に選べば良いでしょう。

フレックスに関しては無理のない選び方をしましょう。

③トルク:軸方向の回転のしやすさを数値化したもの(シャフトのねじれ)

トルクの大小はトルクの性質を決めます。

トルクが小さい

シャフトのねじれが少ないと遊びが少なくクラブの操作ミスがあると致命的です。

トルクが大きい

シャフトのねじれが大きいと遊びが大きく、操作ミスがあっても致命的にはならないので初心者に向いています。

④調子:キックポイント(しなりやすいポイント)

・先調子:シャフトの先端がしなりやすい
・中調子:シャフトの中央付近がしなりやすい
・元調子:シャフトの手元がしなりやすい

この3点から更に大別すると

先調子:ダウンスイングの切り返しが早い人向き
元調子:ダウンスイングの切り返しがゆっくりめの人向き

という感じになります。調子は使い手とのタイミングの関係です。

シャフトの素材

・スチール:重い
・カーボン:軽い

この2種類があるわけでですが、今は軽量スチールや重量カーボンも存在しますので、必ずしもスチールが重くカーボンが軽いわけではありません。

選び方

・スチール:アイアン、ウェッジ、パターなど飛距離よりも正確性を出したいクラブ向き
・カーボン:ドライバーやフェアウェイウッドなど距離を出したいクラブ向き

このような感じで考えれば良いでしょう。

ラウンド予定日の天候をチェック!

ゴルフの読みもの

ゴルフ初心者が基本を身に着けるためにおすすめの練習法は?

ゴルフ初心者ならまずは知っておきたい基本ルール

ゴルフ2019年新ルールまとめ

ゴルフクラブの選び方|初心者はセットで買うべき?

ゴルフクラブの種類と用途

主要ゴルフメーカーとそれぞれの特徴について

中古ゴルフクラブをできるだけ高く買い取ってもらうコツ

シャフトの基本と選び方

初心者のゴルフクラブの選び方|初心者はなにを基準にクラブを選ぶべき?

ゴルフ練習場のマナー|練習場へ行く時の服装や守るべきルール

ゴルフスイングの基本|クラブごとのスイングの違いを知ろう!

ゴルフスイングにおける正しいトップの形

バックスイングの上げ方に迷ったときの改善ポイント

ダウンスイングのコツと練習方法

インパクトの瞬間のイメージ|正しい型を覚えて練習あるのみ!

ゴルフするなら避けて通れない!バンカーショットのコツ

ゴルフ上達の秘訣!?ゴルフレッスンで重要なのは誰に教わるか?

ゴルフ上級者への登竜門!?3種類のアプローチ上達のコツや練習方法

ドライバーの打ち方の基本|飛距離を伸ばすスイングとは?

ドライバーでスライスする原因と防止策

アイアンの打ち方のコツ|より飛距離を出すためのスイングとは?

コツはグリップにあり?正しいパターの打ち方

知名度は低いけど重要!?チッパーについて解説

ゴルフボールの選び方|おすすめのゴルフボール選びのポイントはこれ!

ゴルフ初心者が覚えておきたいスコアの数え方

知らないと恥ずかしい?ゴルフ場のマナー|服装は?靴はスニーカーでもOK?

ゴルフ場利用税とは?概要と仕組み

自宅でできるゴルフ練習法!どんな方法がおすすめ?

ゴルフ上達のために絶対にするべき練習とは?抑えるべきポイント4選

ゴルフ会員権ってなに?仕組みや相場などざっくりと解説します

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

ページトップへ