コツはグリップにあり!?正しいパターの打ち方

パターの握り方にはいくつかの種類がありますが、「パターにはこれだ!」という握り方はありません。
自分に合ったクラブを使って、そのクラブに合った握り方をすると言った方がいいかもしれませんね。
そのためにも、そのクラブを使い込んで下さい!他のクラブもそうですが。要はクラブとの相性です。使えば使うほど相性が合うようになり、クラブを使いこなせるようになります。

[パターの握り方]
○逆オーバーラッピング
パターの握り方では最もスタンダードな握り方です。通常のオーバーラッピングよりも手元の余計な動きを抑えてくれると言われてているグリップです。通常のグリップと極端に変えませんが、手首が使いやすいことから手でこねてしまったりすることがデメリットです。

○変則グリップ
左手の人差し指を伸ばしたり、両手の人差し指を伸ばしたりと、人それぞれ打ちやすいように感覚を調整しています。

○クロスハンドグリップ
手元の動きを抑えてくれるグリップです。
手元をガッチリ固定して余分な動きがしにくいグリップ。
右手を使い過ぎたりパンチが入りやすい方はこのクロスハンドグリップを試してみては?

[パターの正しい打ち方]
まずは基本を!
(前傾姿勢)
前傾姿勢はタイガー・ウッズをお手本に見てみます。
前傾姿勢はお尻を少し突き出す感じで足の付け根から背筋を伸ばして前傾姿勢をとっています。
前傾姿勢をとったら腕を肩からぶらんと下ろし、腕の自然な動きの邪魔することなくストロークします。
(スタンス)
スタンスはボールとカップ(目標)を結んだラインに、対して両足を結んだ線が平行になるように構えるのが基本となります。
これをスクエアといいます。
スタンスも人それぞれで広めに構える人もいれば、狭く構えて打つ人もいます。
ボールの位置は目の真下かそれよりも少し左に置きます。
ちなみにタイガー・ウッズはボールの位置は目の真下よりも5センチほど左にボールが来るような構え方とボールの位置にしていると自身の著書「タイガー・ウッズ私のゴルフ論」で語っています。
(打ち方)
手だけで打つのではなく、肩を振り子のようにして、ほうきで芝の上を掃くようなイメージで打ちます。

これはあくまでも基本であり、パターは自分の打ちやすいように打つのが一番です。
あとはメンタル面、ラインの読み方など、まだまだ課題はありますが、数をこなして感覚をつかむことが大切です。

ラウンド予定日の天候をチェック!

ゴルフの読みもの

ゴルフ初心者が基本を身に着けるためにおすすめの練習法は?

ゴルフ初心者ならまずは知っておきたい基本ルール

ゴルフ2019年新ルールまとめ

ゴルフクラブの選び方|初心者はセットで買うべき?

ゴルフクラブの種類と用途

主要ゴルフメーカーとそれぞれの特徴について

中古ゴルフクラブをできるだけ高く買い取ってもらうコツ

シャフトの基本と選び方

初心者のゴルフクラブの選び方|初心者はなにを基準にクラブを選ぶべき?

ゴルフ練習場のマナー|練習場へ行く時の服装や守るべきルール

ゴルフスイングの基本|クラブごとのスイングの違いを知ろう!

ゴルフスイングにおける正しいトップの形

バックスイングの上げ方に迷ったときの改善ポイント

ダウンスイングのコツと練習方法

インパクトの瞬間のイメージ|正しい型を覚えて練習あるのみ!

ゴルフするなら避けて通れない!バンカーショットのコツ

ゴルフ上達の秘訣!?ゴルフレッスンで重要なのは誰に教わるか?

ゴルフ上級者への登竜門!?3種類のアプローチ上達のコツや練習方法

ドライバーの打ち方の基本|飛距離を伸ばすスイングとは?

ドライバーでスライスする原因と防止策

アイアンの打ち方のコツ|より飛距離を出すためのスイングとは?

コツはグリップにあり?正しいパターの打ち方

知名度は低いけど重要!?チッパーについて解説

ゴルフボールの選び方|おすすめのゴルフボール選びのポイントはこれ!

ゴルフ初心者が覚えておきたいスコアの数え方

知らないと恥ずかしい?ゴルフ場のマナー|服装は?靴はスニーカーでもOK?

ゴルフ場利用税とは?概要と仕組み

自宅でできるゴルフ練習法!どんな方法がおすすめ?

ゴルフ上達のために絶対にするべき練習とは?抑えるべきポイント4選

ゴルフ会員権ってなに?仕組みや相場などざっくりと解説します

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

ページトップへ