ゴルフ上達のために絶対にするべき練習とは?抑えるべきポイント4選

①[7番アイアンで100ヤードを打つ練習]
自分がどれくらいの力で100ヤード打てているか感覚をつかむ練習をすることで、ラフやライの悪い所からでもミスショットをすることが少なくレイアップできるようになります。
その力加減さえ分かれば、全てのクラブに通用することができます。
ドライバーを打つときに、アゲンストでも、そこそこの球を打つことができます。

②[左手逆さまクラブ素振り]

飛距離アップに欠かせないのが、ヘッドスピード。
ヘッドスピードをアップさせるためにはインパクト直前からフォローにかけてヘッドが加速し続ける事が重要です。
しかし腕を早く振るだけでは、ヘッドスピードは速くなりません。
そこで効果があるのが「左手逆さまクラブ素振り」です。
クラブを左手だけで逆さまに持って振ることで、
ヘッドスピードは速くなります。
「速く振れている時のスピード感」を体感します。
逆さにクラブを振ってクラブがしなり「ビューン」と音が鳴るところが最もスピードが速まっているところであり、軌道が正しいところです。
この素振りをすることで何処で「ビューン」と音が鳴るのか、スピード感や正しい軌道をつかみます。

③[ヘッドアップさせない]

ヘッドアップしてしまうことで、軌道が狂ってしまい、ミスショットの原因にもなります。
全てのスイングに共通することなので、ヘッドアップさせないことが、一番重要です。
(ヘッドアップの原因)
・ボールを打つ前から視線がボールを追ってしまっている
・ボールを飛ばしたい意識が高まり力んで前傾姿勢を崩す
・体重移動時に前傾姿勢を崩す

このように、ヘッドアップする原因は前傾姿勢の崩れですが、分かっていても、前傾姿勢を保つことは、簡単なようで、なかなか難しいことです。

(ヘッドアップ矯正練習)
前傾姿勢が崩れてしまうときはお尻の位置がズレてしまっているので、このお尻の位置が動いているかどうか、自分で分かるようにします。

お尻に壁(椅子など)をつけて、素振りをします。
壁(椅子)がついている間は前傾姿勢が保たれています。
この練習を何度もすることで前傾姿勢を保つスイングができるようになります。

④[ハンドル(左手甲)の意識]

どの素振りをするときも大切なことが左手甲の方向にあります。
左手甲とフェースが飛球線を向いていることを意識して素振り練習をするようにしましょう。
これを確認する為にインパクトで一度止めて確認するのもいいでしょう。

ラウンド予定日の天候をチェック!

ゴルフの読みもの

ゴルフ初心者が基本を身に着けるためにおすすめの練習法は?

ゴルフ初心者ならまずは知っておきたい基本ルール

ゴルフ2019年新ルールまとめ

ゴルフクラブの選び方|初心者はセットで買うべき?

ゴルフクラブの種類と用途

主要ゴルフメーカーとそれぞれの特徴について

中古ゴルフクラブをできるだけ高く買い取ってもらうコツ

シャフトの基本と選び方

初心者のゴルフクラブの選び方|初心者はなにを基準にクラブを選ぶべき?

ゴルフ練習場のマナー|練習場へ行く時の服装や守るべきルール

ゴルフスイングの基本|クラブごとのスイングの違いを知ろう!

ゴルフスイングにおける正しいトップの形

バックスイングの上げ方に迷ったときの改善ポイント

ダウンスイングのコツと練習方法

インパクトの瞬間のイメージ|正しい型を覚えて練習あるのみ!

ゴルフするなら避けて通れない!バンカーショットのコツ

ゴルフ上達の秘訣!?ゴルフレッスンで重要なのは誰に教わるか?

ゴルフ上級者への登竜門!?3種類のアプローチ上達のコツや練習方法

ドライバーの打ち方の基本|飛距離を伸ばすスイングとは?

ドライバーでスライスする原因と防止策

アイアンの打ち方のコツ|より飛距離を出すためのスイングとは?

コツはグリップにあり?正しいパターの打ち方

知名度は低いけど重要!?チッパーについて解説

ゴルフボールの選び方|おすすめのゴルフボール選びのポイントはこれ!

ゴルフ初心者が覚えておきたいスコアの数え方

知らないと恥ずかしい?ゴルフ場のマナー|服装は?靴はスニーカーでもOK?

ゴルフ場利用税とは?概要と仕組み

自宅でできるゴルフ練習法!どんな方法がおすすめ?

ゴルフ上達のために絶対にするべき練習とは?抑えるべきポイント4選

ゴルフ会員権ってなに?仕組みや相場などざっくりと解説します

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

ページトップへ