ダウンスイングのコツと練習方法

飛ばそう!という意識が先行しやすいダウンスイングでは、無意識に体が力んでしまうことでキレイなスイングが崩れてしまいます。

「頭では分かっているのについ力んでしまった」というのはよくありがちな話ですが、ダウンスイングはいいショットが打てるかどうかに繋がる大切なスイングですから、安定したスイングを手に入れたいところです。

ダウンスイングのポイント

ダウンスイングの切り返しは下半身始動がベスト

バックスイングでクラブが上がっている途中で腰が左に動きやすいので重心をしっかり左足に乗せることが大切です。

切り返しでは体の開きに注意

切り返しですでに右肩が突っ込み始める打ち方は上体の開きに影響が出るため、クラブヘッドがアウトサイドにはみ出したり、カット打ちになることでスライスになったりするので非常に悪いフォームになります。

トップからの下ろし方

トップの位置から手首でヘッドを動かすのではなく、シャフトはそのままの位置でグリップをシャフトから引き抜いてしまうイメージが良いでしょう。切り返しの時も頭は動くことなく、視線はボールに向けておきます。

ダウンスイングでのタメ(コックの角度を保つ)

ダウンスイングでタメがあった方が飛距離が伸び、クラブヘッドの軌道がダウンブローになるので正確にボールを捉えることができます。左腕とシャフトの角度がない場合はあまりタメができません。

手首だけの調整ではなく、体重移動時にダウンスイング方向(左)への肩の回転を抑え、左足にしっかり体重移動ができるとタメを作ることができます。

タイガー・ウッズもやっているダウンスイングの練習法

ダウンスイングでは右脇(右打ちの場合)に空間ができると距離と方向性が悪くなります。

右脇が開き過ぎるとクラブヘッドがアウトサイドに引かれてしまいまずい軌道に乗ってしまうので、右脇の開き具合が一定になるようにフォームの修正をしましょう。

そのためにおすすめなのが、あのタイガー・ウッズも行なっているという練習法です。

両脇にタオルやヘッドカバーを挟んでスイングをするのですが、この方法はとても有名で多くのプロも実践しています。この練習をすることで脇の開き具合の感覚を覚えることができ、安定したスイングを手に入れられるでしょう。

左手だけの素振り

左手だけでクラブを持ってスイングをすることで、左手主導のインサイドインの軌道の感覚を養う練習になります。この時は短いアイアンを使いフルスイングは必要ありません。感覚をつかむ為の練習としてオススメです。

ラウンド予定日の天候をチェック!

ゴルフの読みもの

ゴルフ初心者が基本を身に着けるためにおすすめの練習法は?

ゴルフ初心者ならまずは知っておきたい基本ルール

ゴルフ2019年新ルールまとめ

ゴルフクラブの選び方|初心者はセットで買うべき?

ゴルフクラブの種類と用途

主要ゴルフメーカーとそれぞれの特徴について

中古ゴルフクラブをできるだけ高く買い取ってもらうコツ

シャフトの基本と選び方

初心者のゴルフクラブの選び方|初心者はなにを基準にクラブを選ぶべき?

ゴルフ練習場のマナー|練習場へ行く時の服装や守るべきルール

ゴルフスイングの基本|クラブごとのスイングの違いを知ろう!

ゴルフスイングにおける正しいトップの形

バックスイングの上げ方に迷ったときの改善ポイント

ダウンスイングのコツと練習方法

インパクトの瞬間のイメージ|正しい型を覚えて練習あるのみ!

ゴルフするなら避けて通れない!バンカーショットのコツ

ゴルフ上達の秘訣!?ゴルフレッスンで重要なのは誰に教わるか?

ゴルフ上級者への登竜門!?3種類のアプローチ上達のコツや練習方法

ドライバーの打ち方の基本|飛距離を伸ばすスイングとは?

ドライバーでスライスする原因と防止策

アイアンの打ち方のコツ|より飛距離を出すためのスイングとは?

コツはグリップにあり?正しいパターの打ち方

知名度は低いけど重要!?チッパーについて解説

ゴルフボールの選び方|おすすめのゴルフボール選びのポイントはこれ!

ゴルフ初心者が覚えておきたいスコアの数え方

知らないと恥ずかしい?ゴルフ場のマナー|服装は?靴はスニーカーでもOK?

ゴルフ場利用税とは?概要と仕組み

自宅でできるゴルフ練習法!どんな方法がおすすめ?

ゴルフ上達のために絶対にするべき練習とは?抑えるべきポイント4選

ゴルフ会員権ってなに?仕組みや相場などざっくりと解説します

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

ページトップへ